足助ゴエンナーレ2015「感性の解放区」は終了しました。

足助ゴエンナーレ2015「感性の解放区」は無事終了し6日間で1000名を超えるお客さまにご来場いただきました。かつてここで多くのお客様をもてなしたであろう料亭の旦那さん・女将さんもさぞかし喜んでくださっていると思います。アーティスト、スタッフ一同心より感謝いたします。

また、地域の皆さまにもたくさんのご協力をいただき随分助かりました。ありがとうございました。

解放区となった寿ゞ家のここそこで、訪れた地元の方々が寿ゞ家にまつわる記憶の断片を語ってくださったこと。好きに描けばいいんだな、明日から絵を描く!と宣言されたご年配の男性の弾けた気持ちに触れたこと。ご近所のおじいさんが、びっくりするほど大量の五平餅を焼いて差し入れしてくださったこと。おばちゃん達が次々と友達を連れてきてくださったこと等々、嬉しいことにたくさん出会えたアートイベントでした。あらためて、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

足助ゴエンナーレ2015

開催日時:9/5(土)・6(日)・7(月)・12(土)・13(日)・14(月)

     am10:00〜pm4:00(入場15:30まで)

  会場:寿ゞ家

<テーマ>

感性の解放区

何となく…感じがする…など、とても微妙で理屈では説明しがたい第六感。シックスセンス。この物事の本質をつかむ心の動きが人生の様々な選択の場面で大きく影響するそうです。プリミティブな感性・五感が鈍っていては第六感も正常に働かないかもしれません。

歴史も文化も生きている山間のまち「足助」ならではの、様式にとらわれないアートイベントでプリミティブな感性を呼び覚ましましょう。自然や神々とともに在るまちで、大胆に当たり前に、感じることを楽しみましょう。

 

足助ゴエンナーレ2015映像